桐たんす洗いー和たんすの鏡面仕上げ

桐たんす洗いー和たんすの鏡面仕上げ

中央区 Y様よりのご依頼品

桐たんすの和だんすと洋服だんすの洗いのご依頼を頂きました。

洋服だんすの方は通常の桐たんすの洗いのご依頼だったのですが、和だんすのほうは上段、中段、下段の3分割になるのですが

上段と下段を重ねて1つのタンスとして使い、中段は別にチェスト的に使いたいというご要望で、仕上げは通常の桐たんすの洗いをして

との粉仕上げをするのではなく、鏡面仕上げにして欲しいとのご依頼でした。

和だんすも洋服だんすも猫の爪痕が結構あり通常の桐たんすの洗いとの粉仕上げの場合もそうでしたが爪痕が残ってしまうので大変です。

鏡面仕上げのするには桐の木目(導管)や猫の引っ掻き傷を全て埋めて綺麗に慣らす必要がありその作業から始まりました。

勿論、一度綺麗に桐たんすを洗い、表面を一度削ってからです。

木目等を埋めてもう一度綺麗に慣らす作業中

 

猫の傷跡も埋めています。

この後は着色、下地塗装をしました。

この後仕上げ塗装をし、塗膜用のペーパーを掛け、最終は3000番のペーパーまで掛けてゆきます。

 

ペーパー掛け後はコンパウンドでバフ磨きをしてゆきます。

写真は一番荒いコンパウンドで磨いた状態です。これでも結構艶が出ています。

このコンパウンドも3段階ほどの細かさのものを使い磨き上げてゆきます。

 

完成品(中段)

開き戸にお客様が蒔絵を依頼されて入れてもらわれとても感じ良くなっています。

入れてもらわれた蒔絵部分の写真です。

完成品(上段と下段を重ねたもの)

引き出し、引き違い戸はオープン仕上げにして桐たんすの雰囲気を残しております。

作業の初めのうちは結構楽しく作業させてもらっていましたが、だんだんと完成に近ずくにつれ

ちょっとでも何かで擦れたりすると細かい傷が入ってしまうのでとても気を使いました。

納品の際も柔らかい薄い紙で包み、プチプチで巻き、布団を当て、運ぶ際の手袋も白の傷が入りにくいもので運ばせて頂きました。

お客様には凄く綺麗仕上がって良くなったと喜んで頂きました。

桐たんすを鏡面仕上げにするような事はあまりまいので、良い経験をさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

 

桐たんす(チェスト)の修理

桐たんす(チェスト)の修理

総桐のチェスト(漆仕上げ)を以前に修理させていただいた食器棚と同じ色に仕上げてほしいとの依頼を頂きました。

品物はとても良い物でしたが結構傷が入っていました。

一度塗装(漆)を全て剥がし傷をとり修理致しました。

塗ってあったのが漆でしたので剥がすのが大変です。

食器棚と同じ様になったと喜んで頂きました。

ありがとうございました。

 

元は朱色でした。

引出しや本体にもコツコツ傷が入っています。

ペーパー掛けに時間がかかりました。

以前の食器棚の色に合う様に調色し着色、塗装をして完成です。

 

 

和箪笥の洗い・桐たんすの修理

和箪笥の洗い・桐たんすの修理

大阪市天王寺区 M様からの御依頼品

桐和たんすの修理、再生させて頂きました。

購入されて60年程経つ桐たんすの様です。
汚れてしまい、黒くなってしまったので廃棄してしまうしかないかなと思っておられた様です。

お引き取りにお伺いして「綺麗になりますよ」と言いますと、
「こんな汚くなった桐たんす綺麗になります?」と驚いておられました。

洗いが完成してお持ちすると、ご想像された以上に綺麗になっていた様で
「これからまた50年程使えるね!」ととても喜んでおられました。

「50年経って汚れたらまた綺麗にできる?」とおっしゃたので
「桐たんすは修理、再生して綺麗にできるかも知れませんが
私の方が修理再生できない状態になってるでしょう!」と笑い話になりました。

ありがとうございました。