今回は完全に折れてしまった椅子の脚の修理です。

見事に折れてしまっており、上手く分からない様にできるか気になりながら作業しました。

折れてしまった部分はそのまま接着してもどうしても多少接着部分に隙間ができてしまいますので隙間なく着くように折れた断面を調整しながら部分的に少しずつ削り、隙間の内容にしてから接着剤で接着圧着しました。

接着剤での接着だけでは弱いので割れた部分の両側からビスで補強、ビス穴はパテで埋め、接着した部分付近をペーパー掛け、再着色、再塗装しました。

幸い濃い目の色でしたので割れた部分は殆ど分からないような状態に修理できました。

でも強度は新品の状態に比べるとやはり多少は弱くなってしまいますが、通常の使用でしたら問題はないでしょう。