完全に分解して組み直し、すべてペーパーかけし、再着色、漆塗り仕上げをすれば新品の様に綺麗になるのですが、イギリスへ帰られるまで約1ヶ月ほどしかないとの事で、分解して修理、うるし仕上げするには日程が少ないので分解修理は日程的にも無理でした。     また、あまり完全に綺麗にせずにご両親が使っておられた感じを残したいとのご希望でした。                    イギリスへ持って帰られても壊れる事なく使用していただける様にご相談させていただいた結果、部材の不足している部分を作り直し、組み立ての緩んでいる部分を締め直し、割れた部分等を埋め、色の薄い部分等を調整し、一度うるし塗りをする事になりました。

なくなってしまった部材がついていた部分

同じシタンの材料で部材を作りました。

外れていた部分に接着して着色、漆塗りをしました。

緩んでいる部分を締め直したり、接着部分の隙間を埋めたり、割れ部分に接着剤を流し込んだりして、最後に漆を塗りました。

多分今頃はもうイギリスへ帰られたと思います。