豊中市 M様からのご依頼品
姫鏡台の修理をさせて頂き配達させて頂いた際に椅子が壊れているとの事で修理させていただく事になりました。

試作品として制作された椅子を購入され使っておられたのですが
脚と肘掛けの接着部分が割れてきた為購入されたところで修理してもらったようですが
又同じ場所が壊れてきたため、修理を諦めて紐で補強して注意して使用されておられました。

  

割れている部分をなるべく開き、強力な接着剤を使用し接着
その後補強として表と裏からビスを打ち込み割れ部分が開いて来ないように修理させて頂きました。

背と座を取り付けてあるボルトを外すためにサイドの木栓を外し
椅子の木部のみの状態にして、一度修理されている際の接着剤を出来るだけとり
再度接着しました。

積層の浮いてきている部分も修理させて頂きました。

 

接着完了後、足の割れていた部分がまた外れて来ないように
前からと後ろからとビスを打ち込み補強しました。
割れ部分の段差を取り除くためにペーパー掛けをし
全体も古い塗装を剥がすためにパーパー掛けをし再塗装して仕上げました。
(作業に夢中になると写真を撮ることをよく忘れてしまいます
今回もビスを打ち込んだ写真とペーパー掛けして塗装前の写真撮り忘れました)

きっちり直ってまた使えるようになったと喜んで頂きました。
食卓の椅子の修理、張替のお話しもさせて頂き帰りました。
後日お話しさせて頂いた食卓の椅子の塗り直しと座面の張替えのご注文も頂きました。

修理完成後の写真です。

ありがとうございました。