天理市 O様からのご依頼品

亡くなられたお婆さんの使っておられた桐和箪笥を洗い再生させて頂きました。
お母様のお里に置きっ放しになっていたお婆さんの桐の和箪笥の様で当初は処分しようかと思っておられた様です。
お孫さんが結婚する時に持って行きたいとのことで洗い、再生させて頂きことになりました。

なるべく元の状態に近い様に洗い、再生したいとの事で、金具もそのままでとの事でしたが、「桐箪笥本体が綺麗になると今以上に金具が古くなりますよ」とお話しさせて頂き、観音開き戸の飾り金具のみメッキさせて頂き現状のものを残し、ほかの金具は全て交換させて頂きました。

どんな材質の金具でもメッキ仕上げは可能なのですが、少量の細かい部材をメッキしてくれる所が少なくなりメッキ代がとても高くなりました。
また、材質によってはせっかくメッキしてもあまり綺麗にならなかったり、メッキ代がとても高かったりしますので元の金具をなるべく使いたいとのご希望でしたが、交換できるものはできるだけ交換して頂きました。

元付いていた金具は取り外しお返し致しました。

想像していた以上に綺麗になったととても喜んで頂き、「お婆ちゃんもきっと喜んでくれていると思う」ととても喜んで頂きました。

喜んで頂くと私もとても幸せな気分になります。

ありがとうございました。